未来の車

未来の車の夢機能、人間の感覚という不確かなものを排除

更新日:




未来の車の機能を考えるとデータのことばかりが頭にある。

どうしてこの現代になっても、前後左右の車を 人間の感覚という99%しか正確でないものに頼らなくてはならないの?

前後の車との車間距離は何メートル空いているかをフロントパネルに数値表示して欲しい。

それから自分の車から360℃、100メートル以内に車があることを知らせてくださいね。

飛行機の操縦席のように様々な数値計とボタンに囲まれた未来の車の機能をイメージする。


音をつなぐDJのようにドライバーもデータを使いこなせる?

飛行機や船と比べると自動車は大衆に広く行き渡っている安価なものだととらえて良いだろう。

未来の車の機能としてあまりお金をかけるわけにはいかないのは分かるが、
鶏と卵どっちが先かの問いかけと同じで、車離れを呼び起こしているのは事故の確率。

結局ハードルを低くするためには更に誰でも使いこなすことができる未来の車を。

そのための機能として四方八方の車の位置関係をデジタル表示する何か、それを求めているよ。

未来の車


次の未来の車の機能としては、洗車不要を挙げよう。

何も最新テクノロジーを駆使してのお話じゃないよ。

シンプルに車に乗っていて困ることを未来の車に解決して欲しいという想像。

高速道路で長時間運転をした後に起こる面倒、虫の死骸や鳥のフンとか
フロントガラスを中心に汚れになってしまうアレをキレイにする洗車の手間が煩わしい。

あれを自動的にキレイキレイする機能を、僕は未来の車に求めよう。


今それができるかできないかは問題じゃない。

未来の車の機能だからね、20年後でも40年後でも整っていれば。

どの汚れも「天然素材」だから時間が経てば今でも消えている。

その経過を速める仕組みがあればいいのか。

ボディーやガラスの材料と塗装技術の進化でもっともっと汚れをはじくようになるだろう。

しかし未来の車の機能というからにはもっと先手を打つ何かが欲しい。

フロントガラスのウオッシャー液が進化して、より早くより強く汚れを流すものになる?

ガラスに留まらず、フロント面にも流れるようにしてそれで汚れを取り去る?

人工知能やら自動運転やら、未来の車の機能に目新しいものは数あれど、

地球誕生以来続いている自然の汚れ問題ばかりは直近で解決する機能は難しいか。

手で拭いて取り除く、これ以外の方法はちと先の未来の車の機能。


「10秒前に戻れる車」~これが未来の車の機能として欲しい。

妥協して5秒前でもいい、3秒前でも。

後悔する時があるね、事故はもちろん道を間違えた、車線を誤った。

そんなときにボタンひとつで10秒前に戻してくれたら僕は大助かり♪

これに気付いたのはドライブレコーダーの「事故時は○秒前に遡って画像記録します」という機能。


あれだってもちろんタイムトリップして過去を取り戻しているワケじゃない。

常時録画して、以上運転があればそれを残し、他を捨てているだけのこと。

そんなテクニカルなことは放っておいて、同じような考え方で
僕たちを10秒前の世界に戻して欲しいよ、未来の車さん。


運転している時は現実ではない、夢の中の世界。

自分の足で走っては叶えられない時速100kmのスピードをやってのける自動車の性能。

その力があれば過去にちょっと戻るという離れ業もいつかはできるのではないか。

20年前に戻って当時の彼氏・彼女とヨリを戻したいという難しい挑戦を求めているわけじゃない。

たった10秒を戻してください、未来の車の機能で。

そんな夢物語を未来の車に託している僕の自由な空想のこと。







Copyright© はいはい、ノートしておきます , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.