未来の車

50年後の未来の車を考える、タイヤもハンドルも不要に?

更新日:




50年後の未来の車を考える、それほど楽しい空想はない。

自分が生きているうちに、車の姿はどれだけ変わるのか。

100年後では自分の肉体は滅びているから、50年後の車を追い求めるのは分かる気がする。

間違いなく言えるのは、50年後の未来の車は燃料を必要としていない。

ガソリンや石炭じゃなく、電気か水素を食べて、50年後の自動車は走っている。

あぁ、ごめんなさい、そんなのは誰でも分かっていることでしたか。


ではもう一歩。

50年後の未来の車は空を飛んでいるから、タイヤを必要としていないんだ。

空っていっても、そんなに高く飛んでいないよ。

リニアモーターカーのように、磁力を使って道路から数十センチだけ、浮いている。

運転する人には違和感なく、普通にタイヤありの車を操縦しているのと同じだよ。

牛車や人力車、水車以来使っていた車輪・タイヤ、そういう概念が外されているのが50年後の車。


どうだい、この僕の空想は。

あながち、違っているとは思わないけど、あなたの考えはどうだい?

それから、50年後には新しいカースポーツが人気。

ディーゼルやガソリンを燃料にして、4つのタイヤがあって、
マニュアルハンドルのクラシックカーを興味本位で運転する娯楽施設ができている。

人は懐古するから、そういう古の時代に想いを馳せるカースポーツが、大人気。

なんでも、「車が生きている」感覚が、50年後の人たちには「新しい」んだって。

ほら、楽しいね、50年後の車を想像/創造するのって。

どれだけ変わっているかな、50年後には。

ハンドルがなくなっている?車体がスケルトンになっている?

それはエンジンはなくなるだろうけど、他になくなるのは何なんだろうね。







Copyright© はいはい、ノートしておきます , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.