ショップ

白山イオンモール2021年秋開業、豪雪対策のショッピングモール

更新日:




 

イオンモール北陸総代表としての、白山イオンモールのオープン計画。

2021年秋開業と予想しておこう。

2020年夏の東京オリンピック関係の建築需要が収まり、建築費高騰が一段落した後、

開業してくださると信じていたい白山イオンモール

 

想定店舗数200というのが、いかに凄いことか、

人口の多い首都圏と近畿圏を除いて

200店舗のイオンモールがどこにあるのかをまとめてみた。

 

次いで3番目の人口・経済規模の東海圏に多いのはまぁ納得。


東海3県(愛知県・三重県・静岡県)の人口は1,132万人。


北陸3県(石川県・富山県・福井県)の人口は 295万人。

 

白山イオンモールは2021年秋開業、豪雪対策のショッピングモール

 

更には福井県は「47都道府県で唯一イオンモールがない」で知られる。

まぁ、エルパ(Lpa)という地元のショッピングモールがあれば、福井県民は大丈夫。

アピタ福井大和田店だって隣接しているしね。

 

その福井市から車で1時間の距離にイオンモール新小松がオープンしたのは2017年3月のこと。

追撃かつ決定打としての白山イオンモールは、福井市から1時間半かからないぐらい。

 

これで北陸地方はイオンモール勢に完全網羅された。

冬の積雪や寒さだって、1つの建物の中で天候に左右されることなく、

快適安全に歩けるショッピングモールは欠かせない。

 

北陸道・白山ICから500mの距離に場所を獲得した白山イオンモール

その近さは言うまでもなく降雪対策だ。

寒くても、雪が積もっていても、白山イオンモールに行けば温かくショッピングを楽しめる。

 

つまりは豪雪地帯におけるイオンモールのお手本。

 

私は考える、ライバルの商業施設は

この白山イオンモールをどうしたら凌駕できるのだろう?

 

現代で善しとされている分野を軒並み抑えたイオンモール旗艦店に

太刀打ちなんてできるものか。

 

まったく異なるアプローチで対抗しないと、

競合するショッピングモールはイオンモールの牙城を崩すことができない。

 

能登畠山氏の七尾城のように、

正面から攻めてはほぼ落城させられない要塞が、白山イオンモールなのだ。

 







Copyright© はいはい、ノートしておきます , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.