ショップ

イオンモール土岐、2年間のオープン延期決定で、2021年開業へ

更新日:




イオンモール土岐が、2019年から「2021年以降」への開業延期を名言した。

2年間の延期自体は決して驚く例ではなくて、理由は一様ではないものの、
プライムツリー赤池は数年単位でのびのび、
イケア長久手やららぽーと東郷にも遅れはあった。

えてしてこうした新規大型商業施設は見込みを甘くしがちなのか、
自社ではどうにもできない不確定要素が強いからなのか、
延期に次ぐ延期で最初からぴたりと当たった案件の記憶がない。

イオンモールが口にした理由は、こうだ。

「建築費の高騰が2020年東京オリンピックまで続くから」

分かりやすい理由だが、2020年が終わると同時に
他の業界でも控えていた建設を進める動きが出そうでもある。

いくら影響力の強いイオンモールとはいえ、
あのイオンモール土岐を、 敷地面接でイオンモール長久手の4倍、
駐車場の台数では2倍の大きさになると予想される巨大なイオンモール土岐
満たす建築物資・人員を集められるのだろうか。

 



土岐プレミアムアウトレットとイオンモール土岐との協業が何か行われて、
東美濃の土岐が三重長島リゾート並の一大エリアになる楽しみに期待したいが、
「2021年」ではなく「2021年以降」の開業見込みなのだから、
もっと、更にずれ込むのも覚悟しなくては。


時期の問題ではないよ、イオンモール土岐がもたらす東美濃への経済・集客効果。

岡崎本宿アウトレットや豊川イオンモールと並び、東京オリンピック後の
東海地方新オープン・ショッピングモールの本丸となることは疑いの余地がない。


それにしても、2021年以降と明言されたイオンモールさんには頭が下がる思い。

そんな年数を口にすること自体が、企業としてはリスキーなのに

イオンモール土岐のオープンに本気だという想いが、僕には伝わってきたから!







Copyright© はいはい、ノートしておきます , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.